趣味と3.112013/03/12 00:19

東日本大震災から早2年、当時店は大打撃を受けた入口は、かなり壊れ外壁のタイルは剥がれ落ち、基礎と建物の間はひびが入り当然住居、店の中は見るも無残・・・・。

*応急処置し、1年半後の去年10月に震災補修工事をする。
すぐに、津波警報が発令!崖の下の堤防沿いに住んでいいるお年寄り達に避難を呼び掛ける為に急いで駆け下り、声をかけ回った。年寄り達が避難しているか様子を確認しながら、ふと崖の上を見ると津波見物の人達が集まりだして、何人かが携帯で下にいる私達とを交互に撮っている様子が目に飛び込んできた!年寄りが一生懸命坂を上り避難しているのに、誰一人手を貸さずに撮影している。何を期待しているのか?あの光景は今でも忘れない・・・・・・・。避難して10分後津波が来た
二日後には、車のガソリンが無くなりbassfishingでお世話になっている土浦のグランパス ヨットに連絡し事情を話して、マリーナでガソリンを手配してもらった。

土浦まで、道の状況が分からないので夜中に日立を出る事を話すと、何時でもいいよ、3時だろうが、4時だろうがとにかく着いたら連絡して!すぐ行くから  「ありがとう・・・。」真っ暗なデコボコした6号国道を走りひたすら土浦をめざした。朝早いのに嫌な顔もせず家族全員大丈夫? 日立は、大変でしょう!津波は、大丈夫だった? はい、これサンドイッチおにぎ、食糧が大変だと思って買っといたよ! あと、ね! えっ! 大丈夫なの? うちも大変だけど、日立に比べたら全然大丈夫!こっちは、なんとかなるから。思わず涙が溢れて止まらなくなった。同じ被災者なのに・・・・・。
人に手を、差し伸べる事が出来ない人達もいれば、自分達より仲間を思いやる人達もいる。水は、東京在住のBass Proが「誰か、マリーナに来たら渡してあげて」と、わざわざ東京から車いっぱいに運んできたでした。
どうです! うちのマリーナ グランパス ヨットすごいでしょう!
[人として、何ができるか、何をすれば良いのか]ですよ!
趣味として釣りが好きで、山から海まで色々な釣りをしてきた。
そんな中、Bass fishingをしている仲間と出会いTournamentに出場するようになった。
Tournamentに出場するようになったのは、成績で自分がどれだけ釣りが好きか分かるような気がしたのがきっかけで、まあ、ゴルフを練習場だけでしていると実力が分からないので、コースに出るような感覚? ゴルフも釣りも好きだけではどうにもならないのも同じ!見事にBass fishingにはまってしまった。今では、出場者で最年長の様な気がしてる。いや、最年長決定また、最年長ペアも同時に受賞・・・・。[ 爺で賞 ]
そろそろ、Tournament Season 今年もがんばります。
たかが趣味かもしれませんが、Bass fishing を通してたくさんの人たちと出会い、かけがえのない物を教えてもらっている様な気がします。

たかが趣味、されど趣味 価値ある趣味を。


コメント

_ (未記入) ― 2013/03/12 15:50

「爺で賞!」狙いますか(´Д` )

_ asahi-surf.2 ― 2013/03/13 20:30

思い出しますね(ToT)
あのときの結束を忘れないようにしたいです

_ Yoshinori Akatsu ― 2013/03/14 21:24

3・11 この日起こった出来事を、絶対に忘れてはいけない。

当たり前の日常がどんなに素晴らしいものか

生かされている今日に感謝します。

_ manicure ― 2017/05/04 13:02

Greetings from Idaho! I'm bored to death at work so
I decided to check out your blog on my iphone during lunch break.
I love the info you provide here and can't wait to take a look when I get home.

I'm amazed at how fast your blog loaded on my mobile .. I'm not even using WIFI, just 3G ..
Anyhow, awesome site!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kairi.asablo.jp/blog/2013/03/12/6744366/tb